土木ソフト市場
創業27年の土木ソフト専門メーカー直営店
大手採用の土木ソフトをお手軽価格で提供しています
トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
▼会員専用ページ
▼製品
お得なセット 土木ソフト 舗装ソフト 電子納品ソフト CADソフト 積算ソフト 保守・サポート TS出来形 レンタル 電子本棚ソフト 土木コンサルティング
▼ご質問
開発会社は? ソフトの種類は? 本棚型とは? 安価な理由は? サポートとは? キャンペーン
8月のカレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

色付が休業日となります。

9月のカレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

色付が休業日となります。

インターネットの普及と効果

今だからこそできる、販売とサポート


土木ソフトはこれまで高額な製品でした。

パソコンが登場した当初は、ソフトは珍しい存在であり、対面販売員が、ソフトやパソコンを紹介する伝道者や教育者の役割を兼ねていました。

この20年で、土木の技術者なら誰でもソフトを使いこなせるようになったことと、インターネットの普及により、製品の販売やメンテナンスが、これまでのようにお客様先に訪問しなくても行えるようになったことから、土木ソフトを、ネットショップで販売する決断をいたしました。

ネットショップで土木ソフトを販売することで、販売経費やメンテナンス費用の削減分を、ソフト価格に転換することが出来るようになり、これまでより安価に土木ソフトを提供することが出来るようになりました。

また、インターネットを利用した遠隔操作により、サポート体制の質的向上も果たしております。

土木ソフト生い立ちのご紹介

『土木技』開発の経緯


 当社の土木ソフトの特徴は、使い易さと後々の工事データの管理のために電子本棚を標準で搭載していることです。
 この電子本棚だけを土木ソフトから切り出した『Kami技』という製品もあり、こちらは一部上場企業の本社も採用しています。

 そんな『Kami技』をこの度フリーで提供することにしました。

 電子本棚は土木ソフトの一部であり、電子本棚の開発エピソードを知ることで、電子本棚を開発するに至った経緯や、この開発に(株)リコーが関わり、億単位の費用が発生したこと。
 また、土木ソフトが『土木技』の他に『土木Pro.』という名前でリコーブランドとして販売されていたことなど、土木ソフトの思わぬ側面の理解が深まることから、是非こちらの記事もご覧下さい。