土木ソフト市場
創業27年の土木ソフト専門メーカー直営店
大手採用の土木ソフトをお手軽価格で提供しています
トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
▼会員専用ページ

工事写真データ保管システム10GB(SkyCabinet1年間利用料)


商品番号 DSI-094
商品名 工事写真データ保管システム10GB(SkyCabinet1年間利用料)
販売価格 16,000円
在庫数

数量:

▼製品
お得なセット 土木ソフト 舗装ソフト 電子納品ソフト CADソフト 積算ソフト 保守・サポート TS出来形 レンタル 電子本棚ソフト 土木コンサルティング
▼ご質問
開発会社は? ソフトの種類は? 本棚型とは? 安価な理由は? サポートとは? キャンペーン
10月のカレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

色付が休業日となります。

11月のカレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

色付が休業日となります。

商品詳細

工事写真データ保管システム10GB(SkyCabinet1年間利用料)


工事写真データの保管は、訴訟から
会社を守る手段です。

製品開発の背景

「工事データの保管」は、姉葉事件の構造計算書偽造問題が発端となり、建設業法が改正されたように、発注者にとって興味のある話題ですが、施工者にとっても、工事完了後に現場で重大な欠陥が生じた際には、当時の状況写真を関係者に提示して、施工方法に問題がなかったことをアピールする必要があることから、特に工事写真データの保管は、会社を守るためのリスク管理として重要です。

土木ソフト

最大年間5万円のリスク管理


1日に400枚(年間15万枚)の工事写真ファイルを安全に保管します
商品番号 DSI-094
商品名 工事写真データ保管システム10GB(SkyCabinet1年間利用料)
定価 17,280円
販売価格 16,000円
税別価格 14,815円
送料区分 送料別
配送タイプ 佐川急便
在庫数

数量:

従来の問題点

写真データ保管の難しさ

ところが現場では、以下のように「工事写真のデータを管理しよう」と考えても、いつの間にか「ファイルの所在が分からない!」といった会社様が多いのです。

ハードウェアの故障
    パソコンやハードディスクの故障により、写真データを消失してしまう。

パソコンの買い替え
    パソコンの買い替え時に、データを新しいパソコンに移さなかったことから、写真データを消失してしまう。

工事担当者の異動や退職
    担当者の異動や退職により、データの管理が曖昧になり、いつの間にか写真データを消失してしまう。


求められる仕組み

求められるのは、
写真データを安全に長期間保管する
仕組み

 写真データの長期保管には、これを専門に管理する専門職を設けることが一番ですが、費用の関係から、工事担当者に管理をお願いする場合が殆どです。
 この場合には、工事担当者は煩雑な業務の時間を割いて、写真のデータを管理しなくてはならないので、容易で手間の掛からない仕組みが求められます。

それには、クラウド型のファイル
保管サービスが最適です!

何故、クラウド型ファイル保管サービスが良いのかと言いますと、以下のメリットがあるからです。

ただしデメリットもありますので、注意が必要です。そして、もしもこのデメリットが解消できるのなら、クラウド型は理想的な仕組みになるのです!

クラウド型の特徴

「メリット」

  • 手間が掛からない

  •  クラウド型はパソコンと違い、故障に備えたバックアップや、パソコン入れ替え時のデータの移設を行う必要がありません。メンテナンスフリーにも拘わらず、データを長期間安全に保管することができます。

  • 出先機関のデータを一元管理

  •  クラウド型の良いところは、全国の営業所や出張所の工事データを、クラウドの仕組みに一元管理するので、必要なときに所在を問わずに工事データを取り出せるようになるところです。

「デメリット」

  • 無料サービスのリスク

  •  無料のファイル保管サービスは、運営者側に事業継続の責任がないことから、先方の都合でサービスを停止することがあります。
     これは、工事データの保管に無料のサイトを利用したときのリスクを表しています。


  • 有料サービスの問題点

  •  工事の撮影に用いるデジタルカメラは年々高性能化していることから、写真ファイルのサイズが大容量化しています。そして、工事写真は一般の写真に比べて大量に撮影するといった特徴があります。
     有料のクラウド型ファイル保管サービスは、預けたファイルのボリュームに応じて月額使用料が決定するという従量制の仕組みが多く、ファイルのボリュームによっては、月額使用料が高額になってしまう欠点があります。


  • ファイルの整理が難しい

  •  クラウド型のファイル保管サービスは、構造的にネットワーク上の「共有フォルダ」と同じです。
     そのために「何処に何のファイルがあるのか分らない」となってしまうと、ファイルの保管・イコール・ファイルの紛失と同じことになってしまい、本来の目的を果たせなくなってしまいます。
     そこでファイル保管サービスには、利用する人が目的のファイルを容易に探し出せる仕組みが求められます。
製品提案

本棚型クラウドサービスSkyCabinetのご提案


クラウド型電子本棚『SkyCabinet』

SkyCabinetはクラウド上の電子本棚です。
クラウドのメリットを生かし、デメリットを解消した仕組みです。

  1. メンテナンスフリーでファイル保管

  2.  パソコンの故障に備えてデータのバックアップをしたり、パソコンを買い替えた時にデータを移設したりする必要はありません。サーバーの管理はサーバー運営会社が行うので、一度預けたファイルはメンテナンスフリーで半永久的に保管されます。

  3. 全国の出先機関から利用が可能です

  4.  全国の営業所や出張所の写真ファイルがクラウド上の電子本棚に一元化した状態で整理されるので、どの拠点からでも、目的のファイルを容易に取り出すことができるようになります。

  5. 有料のサーバー

  6.  SkyCabinetに収めたファイルは、有料のMicrosoft社のサーバーに保管します。
    これにより、フリーのサイトのようなサービス停止の心配がなく、Microsoft社の技術によって構築した安全で堅牢なサーバーにファイルをお預かりいたします。

  7. 写真ファイルを自動縮小

  8.  ポスターのように大きなサイズで印刷する場合には、大容量の写真ファイルは有効ですが、工事の証拠写真としては、E版サイズのプリントで十分です。
    この場合では大容量のファイルは何の効果もなく、殆どの情報を無駄にすることになります。
    ファイルサイズは、出力の用途に合わることが合理的なことから、SkyCabinetでは、希望するファイルのサイズを予め設定することで、アップロード時にファイルサイズを縮小することから、少ない容量で効率的に写真ファイルを保管することができます。

  9. ファイルを整理し易い電子本棚型

  10.  パソコンは情報の保存にデータベースではなくファイルを用います。
    ファイルは、数が増えると探すのが困難になるという特性があるので、多くのファイルの中から目的のファイルを探し出すための手段が必要になります。
    この手段として挙げられるのは「検索」ですが、「検索」は、これから探そうとするファイルのファイル名が分からないと使えないことから、多くの組織では目的のファイルを探す手段として、ファイルを整理整頓を模索しています。
    ところが、フォルダ型ファイルソフトはファイルの整理整頓に適さないことから、今度は「労力の割に整理整頓が上手くできない」と、いった問題発生します。
    この問題の解決のために、クラウド型の電子本棚『SkyCabinet』は、ファイルの整理整頓を目的に開発しています。

「何故、ファイルの整理整頓がオフィスのファイル管理に役立つのか?」
そんな疑問をお持ちの方は、こちらのページからご覧ください。

電子本棚ページへ


費用説明

会社のリスク管理が最大年間5万円!

工事写真を年間15万枚の保管する」という会社様では、リスク管理が僅か年間5万円で行えます。

 皆さんはパソコンを買い替えるたびに、ハードディスクが大容量化していることに驚いた経験はないでしょうか。
 ハードディスクの容量当たりの単価は、この20年間で40,000分の1に減少しています。
 これは「半導体の集積率が18か月で2倍になる」と唱えた、ムーアの法則を超えるスピードでハードディスクの容量当たりの単価が減少したことを示しています。

 このことは、クラウドで用いるサーバー運営会社の利用料金も年々下がることを示すものですが、SkyCabinetでは、現時点での1年間の利用料金を10GBで1万6千円に設定しています。
 この容量は、640×480のサイズに縮小した写真ファイルを、約150,000枚(1日に換算すると約400枚)保管できる計算になります。
 ここで発生する費用は、この程度の写真ファイルを保管する会社様では、2年目は20GBの容量が必要になることから3万2千円(年額)の保管費用となります。また、3年目には4万8千円(年額)の保管費用が発生することになります。

 ところが、このままファイルの保管費用が増え続けるのかというと、そうではありません。
ハードディスクの容量単価は、この20年間で40,000分の1になっています。これは1.5年毎にハードディスクの容量当たりの単価が半減したことを表しています。

 クラウドのサーバー使用料には、サーバー運営会社の管理費や、ファイルのアップロードやダウンロードの度に課金される仕組みを含むことから、一概には言えませんが、単位容量当たりの利用料金に限ると、こちらはハードディスクの価格と連動して毎年下がり続けています。

このことは、1日に保管する写真ファイルの枚数が400枚程のお客様の場合では、増加する写真ファイルの容量以上に、同一金額で利用できるハードディスクの容量が増えることから、3年分(約4万5千円年額)以上に支出が増えることはなく、工事データの長期保管が行える可能性が高いのです。


注意点
『SkyCabinet』運用上の注意点

  1. Windowsパソコン向けの製品です。スマートフォンやWindowsを搭載していないタブレットPCでは動作いたしません。

  2. 動作可能なブラウザはInternet Explorerに限ります。
製品ラインナップ